【高校生】苦手だった英単語がスラスラ覚えれる効率劇的アップ暗記法!

学生A

英単語を覚えるのが苦手で、定期テストの英語で苦戦する。。。

今回はこんな悩みを解決していきます。

高校に入学して、中学英語よりも英単語の数が増加して増加して付いて行けない高校生も出てきたかなと思います。

それは「英単語の覚え方」が効率の悪い覚え方をしているか「勉強をした気」になっているだけの二択だと思います。

なので、今回は英単語が頭にスラスラ入ってくる覚え方を伝授していきたいと思います。

NGな英単語の覚え方

効率が劇的にUPする英単語の覚え方」を伝授する前に、

高校生がやりがちな「NGな英単語の覚え方」を紹介していきます。

  • 英単語を書かずに覚えようとする。
  • ノートにひたすらまとめる。
  • 単語帳を使う。

1つずつ解説していきたいと思います。

英単語を書かずに覚えようとする。

これをやっている高校生は典型的な「勉強をやっている気」になっているだけです。

英単語は、書いて覚えるのが一番手っ取り早いです。

英単語を書かずに覚えようとするのは、

メッシのスーパープレイを見ただけで自分もできると勘違いしてる野郎と同じです。笑

英単語は必ず書いて覚えるようにしましょう。

英単語をひたすらノートにまとめている。

書き込み, 万年筆, インク, 筆記, 手書き, フォント, 右利き

高校生で英単語をノートにまとめている人はさすがにいませんよね?

この覚え方は効率最悪なので、やっている人がいたら即座に中止しましょう。

学生A

なんで、英単語をノートにまとめて覚えようとするのは効率が悪いの?

先生

高校生になって覚える英単語は1800〜2500と決まってるん知ってる?

その量をノートにまとめるなんて時間がかかりすぎるからやで。

ノートに「connect … 繋がる」のように1単語ずつ毎回の定期テストで書くと時間が足らなくなってしまいます。

更に、作業的に手を動かして書くことは、頭に全く入ってきません。

なので、英単語はノートにまとめて覚えようとするのは、

覚えられない」「時間の無駄」のダブルパンチなので絶対にやめましょう。

単語帳を使って覚えようとする。

これもやっている高校生が多いと思います。

ですが、上記の「ノートに英単語をまとめる」のと同様で効率が悪いのでやめましょう。

今では、英単語集の「TARGET1900」が出しているアプリで、単語帳機能などがあります。

単語帳形式で勉強したい人は、そちらを活用してみて下さい。

Download on the App Store
Google Play で手に入れよう

上記のボタンからダウンロードできます。

効率劇的UPの英単語の覚え方

  • 声に出して、覚えていく。
  • 1日MAX50単語までしか新しい英単語は勉強しない。
  • 単語の派生を考える。
  • 英単語集を何周もする。

上記が私が高校時代意識していた英単語の勉強法です。

この4つの方法のおかげで、受験から半年近く経った今でも、高校時代に覚えた英単語を7割程度は覚えたままです。

声に出して覚えていく。

先生A

声を出して覚えるのは、かなり重要なんやで。

人は感覚を使うと、ものを覚えやすくなります。

通常、暗記するとき「触覚と視覚」だけを使って覚えていると思います。

そこに声を出すことで「聴覚」がプラスされます。

感覚を多く使うことで、頭の中に定着しやすくなるので、覚える効率がUPします。

この自分の感覚を使って、覚えるのはどの強化にも使えるので、一度試してみて下さい。

1日MAX50単語までしか新しい英単語は覚えない。

人間なので、どうしても限界があります。

なので、無理矢理一日200単語を詰めようとしても、全然頭に入ってきません。

実体験的に一日50単語程度が次の日も昨日覚えた単語を覚えている限界でした。

この限界は、個人差があると思うので、試行錯誤しながら自分の覚えられる最大限の数を探してみて下さい。

単語の派生を考える。

先生

英語を1つ1つ違うものとして扱ってへん?

それでは、効率が良くなりません。

英語には、派生系が存在します。

able」と「capable」などのように、同じ部分がありますよね。

意味的にも「〜できる」と「有能」で似通っています。

この他にも、英語には派生系が多く存在するので、派生系を考えながら覚えることで、最低限の手間で英単語を覚えることができます。

英単語集を何周もする。

英単語集は、様々な種類がありますが、どの英単語集も共通して言えるのは「何周もしろ」と言うことです。

何度も、周回することで頭にだんだん定着してきます。

ここで、おすすめの周回方法をお教えします。

  1. 今日覚える50単語を音読だけする。
  2. その後、日本語訳だけを見ながら、英単語を書く。(1周目)
  3. 50単語の中で、1周目間違った単語だけをする。(2周目)

1日に音読を含め3周することで、かなり英単語が頭に定着します。

所要時間は1時間程度で済ますことができます。

私が現役時代使って覚えやすいなと思った英単語集は「TARGET1900」です。

この単語集は、日本語訳が複数付いているのに加えて、例文が付いているので

学生B

この英単語はこういった文の時に使われるんやな。

と、本番になれる対策にもなる単語集になっているのでおすすめです。

まとめ

今回は、NGな英単語の覚え方と効率劇的UPの覚え方を紹介してきました。

NGな覚え方
  • 英単語を書かずに覚えようとする。
  • ノートにひたすらまとめる。
  • 単語帳を使う。
効率劇的UPな覚え方
  • 声に出して、覚えていく。
  • 1日MAX50単語までしか新しい英単語は勉強しない。
  • 単語の派生を考える。
  • 英単語集を何周もする。

まずは、自分がNGな覚え方をしてないか。

もし、しているのなら覚え方から改善していきましょう。

1日で覚えられる英単語の数の限界は個人差があると思うので、日々試行錯誤してみて下さい。

本日はここまで。

じゃお疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です