勉強に集中できない学生のあなたへ!集中力を高める勉強法3選!

学生A

明日テストやのに、全然勉強に集中出来ひん。どうしよ。

今回はこんな悩みに解決していきます。

上記の記事は、実際に私が実践して成績を学年5位から3年間落とさなかった勉強法です。

さて、本題に入っていきます。

どうしたら、勉強に集中できるのか。

集中力を保つ勉強法と集中力が保てない原因をまとめてきます。

なぜ、勉強に集中出来ないのか。

  • 休憩が足りていない。
  • 周りの環境が勉強の邪魔をしている。
  • 自分の「得意の時間帯」を理解できていない。

勉強に集中出来ていない人は、上記の項目が当てはまっている可能性が高いです。

1つずつ解説していきたいと思います。

黄色マーカーがキーワードです。その文だけ読めば記事を理解できます!

休憩が足りていない。

人間が集中できる時間はどのくらいか知っていますか?

答えは「45分程度」と言われています。

更に、深い集中に入れるのは「15分」だと言われています。

ですが、受験生などは平気で2〜3時間勉強を続けていませんか?

実際には非効率なんです。

では、どうしたら勉強の効率が良くなるのか。

1時間程度勉強したら、5〜10分の休憩を休憩を取ってみて下さい。

定期的に休憩を取ることで、集中が保ちやすくなります。

10分以上の休憩は、体がだらけてしまうので注意。

ここで言う休憩とは「身体を休める」と言うことです。

スマホやパソコンの画面を見てしまうと、目が疲れてしまうので、やめておくことが休憩の効果をあげてくれます。

周りの環境が勉強の邪魔をしている。

あなたの勉強机の上には、スマホや漫画など勉強の邪魔をするもの(環境)が揃っていませんか?

それでは、勉強に目を向けたくても欲に負けてしまいますよ。

その他にも家には、生活雑音などあなたの勉強を邪魔する仕掛けがたくさんあります。

家では集中出来ない!」という方は、図書館など周りの環境が勉強に向いている場所で勉強してみましょう!

ただ、家で勉強することは受験において重要だと言うことを知っておいて下さい。

それは、家は「24時間営業」だからです。

家にいる時間は、受験期でもっとも長いです。

塾・図書館に行くにしても、閉館時間が来てしまいます。

そこから家に帰っても、家で勉強に集中出来ないから勉強しなかったら、合格が離れていくばかりです。

なので、家ので勉強に集中できる環境を少しずつ作ってみて下さい。

自分の「得意な時間帯」を理解していない。

これを理解していない受験生・学生は多いと思います。

ですが、「得意な時間帯」を知ることはかなり重要です。

学生A

でも、どうやって「得意な時間帯」なんて知るん?

>>あなたの『得意な時間帯は?』朝夜型診断!

上記のリンクで、19個の質問に答えるだけであなたが「朝型・夜型」が分かります。

この診断で何が分かるのか。

それは「あなたが一番集中できる時間帯」が分かります。

夜型なのに、早起きして眠い目を擦りながら勉強しても全然集中出来ません。

↑↑↑高校時代、私はこの失敗を犯していました。

更に、最近の研究では、何時に寝ても「自分に必要な睡眠時間」が取れていれば大丈夫だとされています。

「いかに眠りの質を向上させる工夫をするか」「自分に必要な時間を確保するか」が、競争が激しく忙しい現代社会の中で結果を出していくためのポイント

https://forbesjapan.com/articles/detail/28083

なので、自分の「得意な時間帯」にしっかり集中して勉強して、受験・テストに臨みましょう!

勉強に集中出来ない原因:まとめ

今回は、勉強に集中出来ない原因と集中力を保つ勉強法をまとめてきました。

  • 休憩が足りていない。
  • 周りの環境が勉強の邪魔をしている。
  • 自分の「得意の時間帯」を理解できていない。

上記の項目が勉強に集中出来ない原因です。

勉強は「嫌いなもの」として認識していると思います。

そんな嫌いなものをするには、集中する以外対処法がありません。

初めは、長い時間集中が保てないかもしれません。

ですが、続けていくうちに必ず初めはできなかったことが、出来るようになります。

受験生をはじめとする高校生は集中しなければならない場面が、多いと思います。

そういった場面に対応するために、この記事に書いた集中を保つ方法を試してみて下さい。

本日はここまで。

じゃお疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です