睡眠不足が引き起こす問題とニキビの関係について

お疲れ様です!ギンたろです!

毎日、スキンケアしてるのにニキビが治らない。食事を気にしてるのにニキビが治らない。こういった理由で、困ってる方がこのページに訪れてくれたと思います。

今回は、睡眠不足が引き起こす問題とニキビの関係についてまとめていきます。

睡眠の大切さ

「睡眠 ニキビ」の画像検索結果

若者だったら疎かにしがちな「睡眠」。ですが人間にとってかなり重要な行動だというのは百も承知だと思います。

だったらどうして、夜遅くまで起き続けてしまうのか。それはズバリ体力が有り余ってるからなんですよね。人間は1日に使える体力が決まっていてそれは人それぞれ。その体力を昼間に使い切れば問題なく夜寝れますが、余ると中々寝付けません。

その体力は言わずもがな若年層が一番あります。それが理由で夜更かしして、2〜3時間しか寝れない。こんな生活習慣を続けてしまうと体のバランスが崩れ、太りやすくなったり、苛立つようになったり、なにもやる気が起こらなくなったりします。

それだけ、睡眠が人間に与える影響は大きいのです。睡眠は少なくとも6時間は寝た方が良いとされています。

早起きは三文の徳。これは迷信?

「早起きは三文の徳 」の画像検索結果

「早起きは三文の徳」と日本では古くから言われ続けています。ですがそれは本当なのでしょうか?

これは正解とも言えるし、不正解なのが事実です。

人間には「朝型」「夜型」に分けることができます。なので全員が全員早起きが徳になることはないということです。

このリンク(https://www.sleepmed.jp/q/meq/meq_form.php)から自分が朝型か夜型なのか診断できますので、一度試してみて下さい。

22時〜2時はゴールデンタイム?

「睡眠」の画像検索結果

これも古くから言われていることで、22時〜2時の間は成長ホルモンが出やすい。だとか肌のターンオーバーを促進するだとか。これ実際は時間が関係あるのではなく、自分が深い眠り(ノンレム睡眠)についている時に多く分泌されるので、時間はあまり関係ないと今では言われています。

なので、ゴールデンタイムと言われ22時〜2時まで寝るのが、良いのではなく自分が深い眠りにつくことが最優先だということです。

そのノンレム睡眠は寝ている間に2〜3回浅い睡眠(レム睡眠)と交互に出現し、最初の1、2回目のノンレム睡眠が一番質が高いと言われています。更に寝入ってから3時間後に分泌される成長ホルモンはノンレム睡眠の時に分泌されます。

なので、6時間寝れば最低でも2回のノンレム睡眠をすることができます。

寝る時間はあまり関係ありません。肌トラブルを避けるには睡眠不足に陥らないことが最も重要と言えます。

毎日快眠するためには

「睡眠」の画像検索結果

今まで、睡眠不足が一番ダメだといってきましたが毎日快眠できていると答えられる人はどのくらいいますか?スマホが出てきてからそんな方は少なくなったと思います。

快眠するためには、自分の力だけでなく寝具の力を借りないと厳しいでしょう。自分に合う枕、合うマットレスなど。自分の体に合う寝具を選ばないとしっかり寝ていても、浅い眠りにしかつけず睡眠不足に陥ってしまいます。

脳を休めるためには、首や肩に無駄な力が入ってなくリラックスした状態で寝るのが理想です。ですが体に合ってない枕で寝ると変に力が入ってしまい、かえって疲れてしまいます。

下記の枕は整形外科の博士クレスティン・コルスバーク博士が推奨する枕で肩や首の筋肉の負担を減らした高反発ウレタンで出来ています。

人間は人生の3分の1を睡眠に費やしています。そんな人生の大部分を体に合わない寝具で寝るのは残りの3分の2を100%の力で過ごせないと思いませんか?

睡眠前のNG行為とOK行為

「寝れない」の画像検索結果

ぐっすり寝るためために寝る前にしたらNG行為を紹介していきます。

寝る前にスマホを見る

これはよく言われていることですが、スマホの画面から出るブルーライトは脳を活性化させてしまうので、寝る前にみてしまうと中々寝付けなくなります。

なので、最低でも寝る30分前までにはスマホをみないでベッドに入りましょう!

寝る前に食べ物を食べる

これは睡眠の質とはあまり関係ないのですが、寝る前に食べ物をとると寝ている間に油分が顔に出てくるのでニキビ肌一直線になります。

ですから、寝る1時間半前には、食べ物を食べるのをやめて眠りにつく準備をしましょう!

続いてOK行為を発表していきます!

寝る前の読書

寝る前の読書をすることをおすすめします。なぜかというと寝る前の読書でストレスの減少精神の安定が図れて、良い睡眠が取れると言われているからです。

更に、毎日寝る前に読書することを習慣化することで自分の頭に情報を蓄え、頭も良くなりますね!

ですが、電子書籍はやめましょう。

白湯を飲む

白湯を飲むことで、デトックス効果(老廃物を排出し、便秘などを改善)を見込めたり、リラックス効果、冷え性解消など体に良い効果が多く見込めるので寝る前に白湯を一杯飲んでから寝てみて下さい!

寝る前以外にも起床してすぐ飲む白湯も効果があるので試してみて下さい!

まとめ

睡眠不足が引き起こす問題を中心にまとめてきました。睡眠不足に陥ってる人、特に若年層に多いと思いますが、睡眠不足は後の人生に借金している状態だと私は思っていて、全部のしわ寄せが後に降りかかってくるので今のうちから自分の生活習慣を見直して、ノンレム睡眠を取れるように心がけてみて下さい!

若い世代は悪い方向に依存しやすいですが、生活を変えても直ぐに対応できるので今のうちに良い生活リズムで送れるように頑張っていきましょう!

本日はここまで。

じゃお疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です