ニキビを治すために皮膚科に行くべき5つの理由。

Aさん

SNSでニキビに効くって言われてたもの買っても全然良くならない。

市販のスキンケア商品を買っては効かず、新しいスキンケア商品を試す。

こんな負の連鎖に陥ってませんか?

私も皮膚科に行くまでこの負の連鎖に陥っていました。

ニキビに何年も悩まされ、今も完全に治癒していない私が語る、皮膚科に行くべき理由を5つに分けて紹介していきたいと思います。

皮膚科に行くべき5つの理由

ニキビを治すために皮膚科に行くべき理由は、大きく分けて5つあると思っています。

  1. 専門の知識を教えてくれる。
  2. 新たなスキンケア商品を買い足さなくて良くなる。
  3. 薬用成分や殺菌作用があり、ニキビの治療・予防になる。
  4. 治る」という自信に繋がる。
  5. ニキビだけでなくニキビ跡に効く薬も処方される。

それが、上記の5つです。

これだけ見ても「ん?」となる部分もあると思うので、1つずつ詳しく解説していきます。

1.専門の知識を教えてくれる!

皮膚科の先生は、私たちの肌について絶対的な知識量を持っています。

私たちが、市販のスキンケア商品を惰性で買っているときには気づけないところまで、先生は教えてくれます。

思春期ニキビが酷い方は、自分の肌にあったスキンケア商品に出会えてないと思います。

皮膚科では、自分に合うスキンケア商品であったり、肌に対して正しい知識を教えてくれるので、治りが早くなります。

2.新たなスキンケア商品を買い足さなくても良くなる!

ニキビが中々治らない人は、人気なスキンケア商品を少しだけ使って、すぐに新しいスキンケア商品を買い足すようなことをしている人も多いと思います。

ですが、それを繰り返していくとお金も無くなるし、ニキビもよくなりません。

ニキビは、短期間ですぐに良くなるものではありません。

継続して初めて治り出すものです。

なので、皮膚科で処方された薬を信じて使い続けることで、必ず以前より良くなると思いますし、新たなスキンケア商品を買い足さなくても済むようになります。

3.薬用成分や殺菌作用があり、ニキビの治療・予防になる!

市販されているスキンケア商品の多くは、薬用成分は含まれていますが殺菌作用を含んだものは多くないと思います。

ですが、皮膚科で処方される薬は、薬剤師が鑑定したニキビに効く成分がふんだんに使われているので、市販のものよりも、ニキビに効くとされています。

殺菌作用もあるので、ニキビの治療にはもちろんニキビ予防にも効果を発揮します。

ただ、薬用成分や殺菌作用が市販のスキンケア商品よりかなり強いです。

なので、肌が元々弱い方や敏感肌の方が使うと、逆に肌が荒れてしまうかもしれないので、注意してください。

4.「治る」という自信に繋がる!

市販のスキンケア商品を試しているときも「治る」と思って試していると思います。

ですが「本当に効くのかな」と不安になる気持ちも少しは心の中に存在すると思います。

それは、自分の肌に対する知識が無いことから出てくる不安だと思います。

ですが、先程も言ったように、皮膚科では、自分の肌に対する正しい知識を得ることができます。

なので、市販のスキンケア商品を試しているときのような不安はかなり減少すると思います。

不安がなくなれば、自ずと自信が湧いてくると思います。

自信は直接ニキビ肌改善には関係ないですが、「治る!」と自信を持つことは自分のメンタルを維持するのに重要だと思います。

5.ニキビだけでなくニキビ跡にも効く薬を処方される!

もし、ニキビが治っても、肌がボコボコでニキビ跡だらけだったら嫌ですよね。

皮膚科では、ニキビが治る薬とニキビ跡が改善される薬を処方してくれるところが多いので、安心してニキビ治療に取り掛かることができます。

皮膚科でのニキビ治療は値段はどのくらい?

回数値段
初診診察:1100円〜2000円程度
処方箋:1100円〜1500円程度
再診1000円程度

訪れる皮膚科によって、値段に差は多少ありますが、目安は上記の値段になります。

番外編:ニキビができる意外な原因とは。

>>ニキビができる意外な原因は枕!?

上記のリンク先の記事でも詳しく書いていますが、あなたが毎日使っている枕が中々治らないニキビの原因になっているかもしれません。

その他にも、シャンプーの洗い残しであったり、すすぎ不足等、自分の体を綺麗にしているはずの行為がニキビの原因になったりしています。

>>ニキビの原因と対処法を詳しく知りたい方!

番外編2:処方箋を使用する上で重要なこと。

皮膚科で処方された薬だけを使うのは、あまりおすすめしません。

それは、先程も伝えたように、皮膚科で処方された薬は薬用成分・殺菌作用がかなり強いので、処方箋だけを使用すると、かなり肌が乾燥してしまいます。

なので、化粧水・乳液などの保湿をするスキンケア商品との併用をすることで、保湿もされニキビも治っていくという、最高の連鎖が起きます。

なので、処方箋だけを使うのではなく、肌を保湿してくれるスキンケア商品はどんどん使っていきましょう!

この化粧水は、安い上に保湿もしっかりしてくれるので、おすすめです。

こちらも化粧水と同じ「ハトムギ」シリーズで、この乳液は、保湿力が最強な上に肌への刺激がかなり少ないので、敏感肌や肌の弱い方でも使える代物になっています。

まとめ

今回は、皮膚科に行ってニキビを治すべき理由を5つに分けて紹介しました。

市販のスキンケア商品では、中々ニキビが治らない方は、皮膚科に直進することをおすすめします。

皮膚科では、自分にあった処置をしてくれますし、美容ではなく、医療になるので、薬用成分や殺菌作用などが、市販の商品より格段に良いです。

なので、皮膚科に行くかどうかを迷っている方は、行くべきだと思います。

本日はここまで。

じゃお疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です