めんどくさい履修登録もコツさえ抑えれば自由な時間を大量に確保!

新年度が始まり、心新たに大学生になった方も多くいらっしゃると思います。

新大学生で、最初につまづくのが「履修登録」だと思います。

なので今回は、ややこしい履修登録のコツを伝授していきたいと思います。

合わせて読んでもらいたい記事

履修登録のコツ

ライブラリ, 書籍, 教育, 文学, 学校, 知識, 研究, 読み取り, 知恵, 学ぶ, 読書, 大学, 勉強

履修登録は、新大学生には越えなければならない壁ですが、なかなか高い壁です。

私も実際、先週履修登録で苦渋を飲まされました。

ですが、実際履修を終えて、授業を受けていく中で「こうすれば楽だ」と感じる部分を発見できたので、ご紹介していきます。

空きコマは基本的に作らない!

大学の講義は、ほとんどの所で1コマ90分だと思います。

なので、授業間で空きコマができてしまうと、「大学に拘束される」+「やれることが少ない」ので、時間の無駄になってしまいます。

1年生は必修科目を週全体に散りばめられているかもしれません。

その場合は、まず空きコマがあるかを確認し、ある場合はその空きコマ部分に、授業を優先的に入れることをおすすめします。

5限目以降は入れない!

先程も言ったように、大学の講義は1コマ90分のところが多いです。

なので、5限目以降に授業を入れてしまうと、大学を出るのが19時以降になったり、最終の授業であれば21時以降になる可能性もあります。

そうなると、サークルなどの活動にも参加しにくくなりますし、バイトもしにくくなります。

ですので、昼のうちに授業が終わる4限目までに授業を詰めることをおすすめします。

しかし、例外として教職(学校の先生)を目指している方は、強制的に入れなければならない可能性もあるので、ご注意ください。

1限目は入れないほうが良い

これは、一回生には難しいことではありますし、意見が二分する意見だと思います。

理由としては、大学に行くのにかなり時間がかかる人や朝起きるのが、苦手な方には早い時間に起きることを強要されるので、かえって高校時代より早起きになる可能性もあります。

なので、1限には優先的にはいれず、2,3,4限目中心に入れると、気が楽に大学に学校に行けると思います。

履修登録する上で欠かせないサイト

ここでは、履修登録を助けてくれるサイト「みんなのキャンパス」を紹介していきます。

このサイトは、自分の大学生のOBがどの授業が楽なのかまたキツイのかを口コミ形式で多数書き込んでくれているサイトになります。

なぜ、そんなサイトが存在するのか。答えは1つです。

それは「大学では教授がほぼ変更されないから

大学の教授は、大学の先生である前に何かしらの研究者です。

なので、中高の先生のように去年いた先生が今年からいない。

みたいなことが少ないので、このサイトが成り立っています。

日本のすべての大学のすべての授業が口コミされている訳ではありませんが、履修登録する上で私たちの助けになることは、間違いありません。

下記にリンクを貼っておくので、1度見に行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、大学生が最初にぶつかるであろう「履修登録」という壁を楽に越えるためのコツを書いていきました。

もうすでに履修登録を終わらせてしまっている方は、次の履修登録の時にこの記事に書いてあることを実践してみてください。

最後にご紹介した「みんなのキャンパス」もうまく活用しながら、大学生という自分のために時間をフルで使える期間を無駄にせずに、時間を確保してきましょう。

本日はここまで。

じゃお疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です