時計のカラダをきれいに!オーバーホールで新品に様変わり!

時計を買ってそのまま、なんとなく長年使ってませんか?

時計も車と同じでたまには整備してあげないといとどんどん劣化してしいます。

オーバーホール」をすることで時計が新品同然の性能に変わります!

そんなオーバーホールについてまとめていきます。

オーバーホールって何?

懐中時計, 時間, 砂, 時計, 時計の文字盤, ポインター, 郷愁, アンティーク, 分, 時間表示

オーバーホールとは、時計内部の部品を分解し洗浄することで時計の性能を新品同然に戻す。

いわば「時計版の車検」のような作業になります。

オーバーホールをしないとどうなる?

時計は歯車等のたくさんの部品から1つの時計を作り出しています。

その歯車の噛み合わせを上手くするために潤滑油がそかれています。

ですが、時が経つにつれ潤滑油が劣化し、歯車同士が摩耗してしまいます。

そうすると、時計自体が正確な時間を指すことができなくなり時間にずれが生じてしまいます。

オーバーホールをする期間と値段

オーバーホールは、時計がもともと丈夫に作られていることもありすぐに壊れることは少ないので、あまり頻繁に行わなくても良いとされています。

ですが、メーカーごとにオーバーホールすべき期間がホームページなどに書かれています。

私はこのSKAGENという北欧の時計ブランドの時計を使っています。

この時計のオーバーホールの推奨期間は3年とされています。

他の時計ブランドの例を出すと、

オメガであれば3〜4年

カルティエなら5年

タグホイヤーなら3〜5年

とメーカーによってばらつきがあります。

なので、Google検索で

時計のブランド名 オーバーホール

と調べれば自分の使ってる時計の推奨されているオーバーホールの期間を調べてみてください。

オーバーホールの値段もメーカーによって違うのですが相場を見てみると1万円〜5万円程でした。

高いと思われた方もいるかなと思います。

3〜5年に一回するだけで思い出の品が長く使えると思うと妥当な値段なのかなと思います。

自分の時計のオーバーホールの値段がよく分からない。

うさぎさん

自分の時計はブランド物ではないけど、思い出のある時計なのに。

Googleで調べてみても、全くヒットしない。

そんな方も中にはいらっしゃると思います。

そんな方におすすめするお店「時計修理の千年堂」が無料見積もりを行ってくれています。

なので一度見積もりを行ってみて、考えてみてはいかがでしょうか。

オーバーホールの期間

オーバーホールは、職人さんの手によって施されます。

なので、出してその日に帰ってくることはありません。

2週間〜最長6週間程の納期を要することがあります。

まとめ

今回は、時計版の車検「オーバーホール」についてまとめました。

職人さんの手によって丁寧に洗浄・修理してくれるので是非試してみてください!

今は、時計修理の千年堂が無料で見積もりしてくれます。

もしあなたがオーバーホールを本気で検討しているのであれば、見積もりしてもらうのもアリかもしれません。

一流の技術で修理!時計修理の千年堂
本日はここまで。

じゃお疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です