0歳からの子育て英語学習!楽しく親子で本や歌あそびで英語に触れる!

Aさん

子供が小さい時から英語に触れさしておきたい。

こう思われているママさんも多いかと思います。

今回は、赤ちゃん向けCD付き英語絵本なら【Baby English Labo】を紹介していきます。

小さい時から英語学習をするメリットとは何か。

デジタルが進む中であえてアナログ学習をする理由などを解説していきます。

合わせて読んでもらいたい記事

子育て英語学習「Baby English Labo」とは?

母親, 子供, 家族, 肖像画, 議事録, 母性, 娘, 女性, 赤ちゃん, 白人, 屋外, 親子関係

「Baby English Labo」は、0歳から親子で始められる子育て英語学習です。

子育て英語教材は、たくさん存在しますが大半が今ではデジタル教材や子供一人で完結する知育玩具です。

ですが「Baby English Labo」は、絵本や歌あそびなどあえてアナログ教材を使っています。

それは、数年・数十年後の親子の思い出に残る教材にするためです。

小さい時、ママ・パパに絵本を読み聞かせてくれた記憶は、成長しても覚えています。

逆に、構われなかった悲しい記憶も覚えています。

子供の記憶を良い記憶だけで埋め尽くし、同時に親子で同時に英語学習できるのがこの教材の強みです。

↓↓↓申し込みはこちらから!

「Baby English Labo」の内容

気になるのは「Baby English Labo」の内容だと思います。

この教材は、この教材は、毎月一回の教材配布を半年間続ける定期便形式になります。

気になるお値段等は、目次にある「子育てのあれこれ。」をクリック!

定期便の内容は、世界的人気な絵本「おやすみなさいおつきさま」を含む、英語絵本やCDが、6回に分けて届けられます。

おやすみなさい おつきさま|数ページよめる|絵本ナビ : マーガレット・ワイズ・ブラウン,クレメント・ハード,せた ていじ みんなの声・通販
引用;https://www.ehonnavi.net/

世界的に人気ということは、世代を超えて読み続けられてきた証

子供がとっつきやすくかつ、面白く読みやすい絵本で溢れています。

更に、付属のCDに収録されている歌はどれも2〜3分です。

なので、共働きで時間が取りたくてもなかなか取れないママさん・パパさんも一緒にお風呂に入る時間や寝かしつける時間で完結する内容になっています。

↓↓↓お風呂や寝かしつけのお供に!

子育て英語学習のメリット

音楽, 子供, 子供達, 再生, 木琴, タンバリン, ハッピー, 行為, パーカッション, ミュージカル

英語に限らず、小さい時から子供自身の興味を持つことやものに触れさせておくことは重要です。

一度は聞いたことはありませんか?

小さい時から日常的に英語に触れておくと、すぐ話せるようになる。

それは、幼児期の子供は、学習スピードが学生よりも早く、吸収力も高いからです。

そのため、幼児期から英語に触れておくとすぐに英語を話せるようになります。

英語に限った話ではなく、スポーツや音楽などにも当てはまります。

その面「Baby English Labo」は、0歳から英語に触れられるので、小さい時から日常的に英語に触れられる最大のチャンスです。

子育て英語教材のあれこれ。

Baby English Labo」の値段は一括で26,400円(税込)です。

英語絵本やCDが6ヶ月届くので1ヶ月あたり4,400円になります。

決して安い値段ではありません。

親子での時間が必ず取れ、英語能力も幼い頃から養えると考えたらコスパの良い商品と言っても過言では無いでしょう。

英語能力は運動神経や感覚のように生まれつきのものではありません。

誰にでもトップレベルになれるチャンスがある技能です。

少し前に将棋の藤井聡太二冠が子供の頃使っていた知育玩具として話題を博した「キュボロ」という知育玩具があります。

この商品を購入しても、藤井聡太二冠のように秀才になる確率は正直低いでしょう。

それは、あの将棋の感覚は生まれつき持ったものを特化させたものが大きいからです。

ですが、多くの人は3万5000円以上する商品を躊躇いなく購入します。

それは、恐らく「話題な商品」であり藤井聡太という「有名人が使っていた」という気持ちからでしょう。

英語学習を妥協案で提供しているようにも見えるかもしれませんが違います。

英語は今後必ず必要になる能力です。

一芸特化の時代から全パラメータがバランスの良い人材が求められる時代になってきます。

どんな場面でもある程度活用できる英語はバランスよくする一例と言えるでしょう。

なので、小さい頃からの英語学習つまり子育て英語学習は重要なのです。

↓↓↓子育て英語学習の申し込みはこちら!

まとめ

今回は子育て英語学習の名前のもとに0歳〜2歳から親子で学べる「Baby English Lab」を中心にお伝えしてきました。

英語が必須と呼ばれるこの世の中で、小さい頃から英語に触れれるのは大きなアドバンテージです。

決して安い値段ではありませんが、興味を持った方・子育てに迷う方は一度ホームぺ時だけでもみに行ってください。

>>【Baby English Labo】のホームページへLet’s Go!

本日はここまで。

じゃお疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です