害獣駆除は【ハウスプロテクト】に!プロに任せて家と身の安全を確保!

最近では、自然あふれる場所でなく都会などでも出ている「害獣による被害」

Aさん

下手に触ると、病気になるかも。でも夜中うるさくて寝れない。

素人では、どうしようもない「害獣駆除」

駆除は、プロに任せましょう。

今回紹介するのは【ハウスプロテクト害獣駆除】

現地調査・新規見積もり無料なので、悩んでいる方はお試しください。

ハウスプロテクトはどんな害獣に対応しているの?

基本情報
電話番号0066-968-218-8490
会社ホームページ【ハウスプロテクト害獣駆除】
対応している害獣・害虫ネズミ、イタチ、ハクビシン、アライグマ、コウモリ他
害鳥や害虫
対応エリア関東・関西・東海全域

【ハウスプロテクト】は、害獣のみでなく害鳥や害虫まで、私たちに危害を加える生物の駆除に特化しています。

3〜5月は、特にアライグマやイタチなどの繁殖期とかぶるので、普段より凶暴になっています。

住んでいる方に危害を加える可能性も全然あるので、少しでも異変を感じたら現地調査をお願いしてみてください。

害獣を放っておくと?

  • 家屋の腐敗が進む。
  • アレルギーの症状がひどくなる。
  • 予期せぬ火災などが起きやすくなる。

害獣を放っておくと、上記の状況を招く可能性があります。

素人の私たちが、不用意に駆除もどきを行ってしまうと、あまり効果が無い+感染症にかかるリスクが大きくなってしまいます。

なぜ、素人の駆除は効果が無いのか?

害獣は、根本から対処(家への侵入ルートを塞ぐ etc…)をしなければ、再発する可能性が高い。

ですが、素人の力では、根本から対処するのはかなり難しい作業だからです。

害獣被害は人間で言うと、虫歯のようなものです。

「放っておくと崩れてきてしまう。」放置していてもデメリットしかないものです。

「家に異変を感じたら、連絡を!」害獣の被害ではなかったとしても、早期の予防が重要です。

ハウスプロテクトの特徴

  • 被害の再発を防止するための駆除を徹底
  • 再発した場合、最長10年の安心保証で無償再施工

【ハウスプロテクト】は、リフォーム会社が母体となって存在する駆除業者なので、「駆除を完了したら終了」と言うわけでなく、再発防止の施工を専門知識を持って行ってくれます。

更に万が一、被害が再発してしまった場合、無償で再発防止の施工を行ってくれる安心保証が最長で10年ついてきます。

こんな被害があればすぐに連絡しよう

  1. アライグマ
  2. イタチ
  3. ハクビシン
  4. ネズミ

今回は、この4種類の害獣の典型的な被害例を紹介していきます

引用(https://hapisumu.jp/reform-32433/

アライグマ

アライグマは、屋根裏や床下に住み着き、糞による悪臭被害や病原菌、寄生虫の媒介が被害例として挙げられます。

アライグマは、農村部では農作物への被害やペットを襲うなどの事例もあります。

イタチ

イタチも屋根裏や床下に住み着き、食料や農作物を食い荒らすことで知られています。

更に、イタチは繁殖期になると10匹を一気に出産したり、悪臭被害も多くあります。

ハクビシン

ハクビシンは、上記2つの害獣に比べ、家屋を傷つけることはありませんが、ハクビシンは「ため糞」をする習性があるので、悪臭被害、家屋の腐敗などの被害が多い害獣になります。

ネズミ

ネズミは、大きく3種類に分けられていて「ドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミ」に分けられます。

繁殖力が高いのが特徴で、一度家屋に住み着くと、駆除が難しい害獣でもあります。

更に、堅いものを噛む習性があるので、配線を噛んで火災の原因になります。

上記の被害が、自宅でみられるのであれば、すぐにハウスプロテクトに連絡してみてください。

ハウスプロテクトは現地調査・見積もりが無料

害獣駆除ならハウスプロテクト|再発を徹底的に防止!ネズミ・イタチ・ハクビシン対策ならお任せください

【ハウスプロテクト】は、現地調査に加え見積もりが無料で行ってくれます。

なので、「いつもより家がおかしい」と少しでも異変を感じれば、上記にある電話番号かハウスプロテクトのホームページに飛んで、相談してみてください。

もし、害獣の仕業でなくても無料ですし、予防策を打てるかもしれない。

一度被害に遭うと、再発の可能性も出てきます。

予防策もそうですし、被害を受けても決して放置せず、早期の対策を心がけてください。

本日はここまで。

じゃお疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です