【コスパ最高】熱海駅近「ホテル大野屋」を紹介していく!

ホテル大野屋

お疲れ様です!ギンたろです!

観光地としても人気の熱海。熱海駅近で部屋から海を一望できる上に大人1人6000円程で泊まれるコスパ最強のホテル「ホテル大野屋」に先日宿泊してきたのでご紹介して行きます!

ホテル大野屋の基本情報

基本情報
駅から熱海駅からバスで10分
宿泊料金6215円〜
料理1泊2食付(バイキング)※別料金で別注料理を注文可
チェックイン
チェックアウト時刻
チェックイン/15:00〜 ※13時以降から荷物のみ預けることが可能
チェックアウト/11:00まで
電話番号0570-024-780
駐車場100台分有(宿泊者無料)

新幹線も止まる熱海駅からバスで10分の距離に位置しており、海の真横を通って進んでいきます。

更に、ホテルから熱海駅への無料送迎バスが30分置きに出されています。

宿泊料金も洋室シングル6215円〜ですし、相模湾を一望できる部屋も1泊1万円程で泊まれます!

ホテル大野屋の魅力

ホテル大野屋に実際に宿泊して感じた魅力を紹介して行きます。

複数ある温泉

「ホテル大野屋」では、温泉が4ヶ所館内に存在します。

ローマ風呂

熱海温泉 ホテル大野屋 | 熱海温泉お宿ナビ

1つ目は「ローマ風呂」です。写真を見てもわかる通り古代ローマのお風呂の雰囲気をそのまま表現した温泉になっています。

映画の「テルマエ・ロマエ」でこんなシーンを見たことがあったので、入った時に1人でテンションが上がっていました。

このローマ風呂は広々としているので、他の人のことをあまり気にせずリラックスできるのですごく気持ちよかったです。

花のお風呂

お風呂・温泉情報|ホテル大野屋【伊東園リゾート】【ゆこゆこ】

2つ目は「花のお風呂」になります。

こちらの温泉は先程のローマ風呂に比べればサイズは小さいですが、ほとんどの宿泊客がローマ風呂にいくので、少人数しかこの花のお風呂に来ないので、穴場な温泉だと思います。

サウナもあったんですが、コロナの関係で使用はできませんでした。

家族風呂

温泉 | ホテル大野屋【公式サイト】伊豆・熱海温泉旅行 - 伊東園ホテルズ

最後は「家族風呂」になります。

これは部屋についているお風呂とは別で、貸切で使えるお風呂で館内に5ヶ所ほどあります。

なので小さいお子さんがいらっしゃるご家庭や、お風呂は静かに入りたいけど温泉には浸かりたい方におすすめのお風呂になっています。

予約なども不要で、内鍵がついているので空いている家族風呂があったら自由に入ることができます。

豊富な種類のバイキング

「ホテル大野屋」では約100種類の和洋中の料理が提供されています。

料理だけでなく、日本酒や焼酎のようなアルコールもあり、大満足できるバイキングになっています。

熱海ならではの海鮮であったり、金目鯛の煮付けなどご当地グルメもありました。別料金を払えば別注料理としてサザエなどの海の幸や黒毛和牛のステーキなど豪華な料理をいただくこともできます。

ホテル大野屋付近のおすすめスポット

ホテル大野屋の近くには多くの観光スポットがあります。

なので、実際に訪れたところも含めて紹介して行きます。

熱海駅

1つ目は「熱海駅」です。

駅を出てすぐに商店街があり、お土産屋さんを中心に立ち並んでいます。中でもおすすめしたいのは「だるま」というお店で、海鮮や天丼などを提供しているお店です。

天丼

私が食べたのは「金目天丼」¥1600になります。1日限定20食なので、昼前に行くことをおすすめします。

金目鯛の天ぷらが1尾入っていて身がホロホロで脂もしっかり乗っていてすごく美味しかったです。熱海駅を訪れた際は是非行ってみてください。

十国峠

十国峠山頂のご案内 |箱根 十国峠ケーブルカー

2つ目は「十国峠」になります。

こちらは晴れていたら富士山を一望できるスポットになっています。熱海駅からバスが出ていたりしているので行きやすいスポットになっています。

ですが、平日は十国峠行きのバスが運行していないので、タクシーでしか行くことができないので注意してください。

熱海トリックアート迷宮館

熱海城&熱海トリックアート迷宮館 体験レポート|わくわく、まとめ。Digる伊豆(ディグる)

3つ目は「熱海トリックアート迷宮館」になります。

こちらは、いろんなトリックアートを体験することができ、自分の目がおかしくなったのかなと思ってしまう程、騙されてしまいます。

入館料も大人1人1000円でそんなに高くないですし、友達と来ても、家族で来ても、カップルで来ても楽しめるスポットになっています。

更に、迷宮館を出て反対側には相模湾を一望できる撮影スポットもあるので記念に写真を一枚!

アカオハーブ&ローズガーデン

ブランコに乗る男性

最後は「アカオハーブ&ローズガーデン」になります。

こちらは、数百の花とハーブに囲まれた道の先に上記の画像のブランコやハンモック、カフェテリアなどひたすら“インスタ映え”スポットになっています。

レモネードと青空

上記の写真は、ローズガーデンの頂上にあるカフェ「COEDA HOUSE」のレモネードになります。

中に入っているレモンも蜂蜜漬けにされているので、食べても酸っぱくなく美味しく食べれます。

海も一望できますし、花やハーブに囲まれてすごく幸せな気分になります。ですが360°どこを見渡してもカップルがいるので、同性だけで行ってしまうとしんどくなるかもしれません(笑)

まとめ

今回は「ホテル大野屋」を中心に熱海に関することをまとめました。

「ホテル大野屋」もコスパが最高で1泊では足りないくらい、大満足のホテルでしたし周辺の施設も楽しく過ごせました。

卒業旅行や春休みを利用して、熱海に訪れることを強く進めたいと思います。コロナで行動を制限されるところもあると思います。

ですが、それを差し引いても満足できると思います。更にどこの施設でも感染予防策がしっかりしているので安全に楽しめると思います。

本日はここまで。

じゃお疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です